病室の窓から!


>2015_01230017_1.jpg
Fujifilm X20

上の写真は、平成27年1月7日に管理人が緊急入院した病室の窓から撮影した写真です。
平成27年1月5日、初詣で賑わう神社の社務所の中で倒れました。
倒れた時は「心肺停止」状態でしたがAED機器により蘇生され病院に搬送されました。
体には自信があり、不整脈、高血圧、心臓疾患など問題がない体だと信じておりましたが、
急に「心室細動」が起こり「心肺停止」。
幸のも、大勢の中で倒れ社務所の方がAED装置を装着し、AEDを起動していただいたお陰で、
何の後遺症もなく蘇りました。(悪運が強いのですね!)

色々検査の結果、これという原因は見つからず。
また、「心室細動」が起こる可能性もあり、「ICD」という除細動装置を体に植え込む形で退院しました。

今日は、大雪で写真撮影に行きたいのですが、まだ外に出る勇気は無く家で雪の様子を見ています。

-風彩-
スポンサーサイト

コメント

お見舞い申し上げます
風彩さん、こんばんわ。
まったく存じ上げずに失礼しました。
突然倒れるとは大変なことでしたね。
ペースメーカー埋め込まれたのならまずはひと安心だと思いますが、決してご無理はなさらないように願います。
お大事になさってください。
Zpentaさんへ
こんにちは。

一番元気だと信じていた私の体が暴走し大変な思いをしました。

無事に生還したのでもう少し好きなことを楽しもうかなと思います。

大変ご心配をおかけいたしました。
No title
まあ、風彩さん、吃驚!大変でしたね。でも、とても幸運でした。神様が「まだまだ。」といってくれたのでしょうか。
お互い電池動形となりましたが、頑張りましょう。
お見舞い申し上げます
これまでは健康に何の心配もなさらずに居られただけに、ご家族様にも大事件で御座いましたね。即座に対応出来たご運は大事に守りましょう。

 私事ながら私は武蔵野日赤に於ける某製薬の治験に参加して節分の日に診察検査等、治療スケージュルーが進みますので掲示板は一時休止致しました。復帰した時点でご報告を申し上げますので宜しくお願い致します。
ありがとうございます!
今晩は、風彩です。

この度は、励ましの御言葉ありがとうございました。

突然の出来事で、本人が一番戸惑っております。
今日は、自宅近くの大きな病院に緊急時の為のカルテを作る意味で診察を受けに行きました。

入院時の体力低下を少しずつ回復できる様にしていきたいと考えています。

-風彩-

管理者のみに表示

トラックバック